岩盤浴

先日、岩盤浴にはじめて行ってきた。

札幌市にある「ていね温泉ほのか」というところである。 

今回の札幌在住中に知り合ったテラ氏に連れられまみ氏と3人で行ってきた。

 

岩盤浴について調べてみると、

新陳代謝が活発になり、岩盤浴特有のサラサラの汗による美肌効果だけでなく、老廃物や毒素も汗と共に排出され、デトックス効果やアンチエイジング効果、そのほか、冷え症や肩こり、腰痛にも効果が期待されます。
さらに室内に広がる、天然のアロマの香りでリラックス

ということである。

 

炎蒸洞(えんじゅうどう)・美蒸洞(びじゅうどう)・麗蒸洞(れいじゅうどう)という名の3部屋があり、それぞれ温度設定が違う部屋がある。

まずは、水を大量に飲んで約44度設定の美蒸洞から挑戦してみた。

部屋に入った瞬間、蒸しっとしていて温度が高いことがわかる。一瞬立ちくらみがあったがそのまま気にせず入っていった。

まずは、温められたブラックシリカに専用のタオルを引き、うつ伏せで5分横になる。そして仰向けで10分ほど横になる。じんわりと額から汗がにじみでてきた。

感想を言うと想像以上に気持ちがよかった。

10分ほど休憩して次は麗蒸洞の約48度に入った。大粒の天然石を使用してツボを刺激する床になっていた。2回目のおかげか汗が全身からでてきた。そしてたかが3,4度温度が上がっただけだが、体感温度はぐっとあがった印象だった。

また、10分ほど休憩して最後の炎蒸洞の55度設定に入ってみた。中はサウナのように暑く正直きつかったが15分がんばった。後から聞いたことだが、岩盤浴をよく使用しているテラ氏もきつかったらしい。

 

クールダウン用の氷涼洞(ひょうりょうどう)に入り、3人で雑談し、もう一度、麗蒸洞に入った。

 

4回目になると汗がもう止まらい。久しぶりにこんなに汗をかいた。終わったころには体はかなりすっきりし、かなり元気になった。デットクスされた感がハンパなかった。

 

また、ひとつ新しい経験ができたことをうれしく思った。また札幌在住中に来たいと思う。

 

余談だが、テラ氏は自分が今まで出会った中でダントツでいい人である。今回もお世話になったが、たかが3週間ほどの札幌在住中に数えきれないほどお世話になってしまった。テラ氏会えたことに感謝し、今日のブログを終わりにする。